忍者ブログ
バーコード
1  2  3  4 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


PARC自由学校
「本当にできる!?『コンクリートから土と人へ』
~八ッ場ダム予定地を訪ねる」


民主党政権は「コンクリートから人へ」という方針を掲げ、「ポスト自民党的公共事業」を模索していますが、本当の意味で地域のためになる公共事業とはどのようなものでしょうか?
沖縄基地問題、首相交代と問題が山積している中、果たして実現可能なのでしょうか国の名勝・吾妻渓谷に計画された八ッ場ダム。
最初の構想発表から58年を経てダム中止方針が発表されました。
このツアーでは、地域で活動されてきた八場あしたの会の渡辺洋子さんを案内人に迎え、ダム計画に翻弄されてきた現地実際に歩き、ダム中止の現実と課題を探ります。

◆日時: 2010年7月31日(土)~8月1日(日)
◆集合時間&場所: 12:30 JR吾妻線川原湯温泉駅前
◆案内人: 渡辺洋子さん(八ッ場あしたの会)
コーディネーター: 関良基さん(拓殖大学教員)
◆参加費: 28,000円
(プログラム費、朝食1回、昼食1回、夕食1回、宿泊費、現地での交通費、保険込み、事前学習会2回分込み)※現地までの交通費は含まれていません。
◆事 前 学 習 会: 
【第1回】2010年7月6日(火)19:00-21:00
  ●テーマ: 豊かな地域をつくるための公共事業―「緑のダム」を地域政策に
  ●講 師: 保屋野初子(ジャーナリスト)
【第2回】2010年7月21日(水)19:00-21:00
  ●テーマ: 信州の農村医学の現場から―すきな人とすきなところでくらしつづけたいメディアリテラシーとメディカルリテラシー
  ●講 師: 色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院地域ケア科医師)
◆申 込 期 限: 2010年7月16日(金)
*********************************************************************

◆プログラム(予定)
【1日目】2010年7月31日(土)
12:30 JR吾妻線川原湯温泉駅前集合

12:40~16:00
渡辺洋子さんによるオリエンテーション
吾妻渓谷散策 鹿飛び橋見学
吾妻渓谷下流側(東吾妻町)
付け替え県道工事現場見学
→水没予定地へ
草津温泉 中和工場見学
品木ダム見学
長野原取水堰見学

16:30 地元の温泉へ

18:00 夕食

19:00~20:00 一日の振り返り&議論

20:00~ 交流会


【2日目】2010年8月1日(日)
9:00 宿泊先出発

9:00~12:10
源泉、川原湯神社
→温泉街入り口へ(徒歩)
吾妻渓谷・ダムサイト予定地見学
川原湯温泉の代替地ー打越地区見学
川原湯温泉新駅予定地ー原見学
湖面2号橋見学
林地区ー長野原第一小学校、
付け替え国道工事見学

12:10~13:00 昼食

13:00~14:10
長野原地区ーめがね橋見学
横壁地区ー湖面3号橋見学

14:10~14:30
国交省広報館「やんば館」で休憩

14:30~
川原畑地区ー三ッ堂石仏群見学
川原畑地区ー代替地、付け替え国道工事、諏訪神社見学
付け替え国道 茂四郎トンネル経由→
川原湯温泉駅到着

15:10 解散


ウォーターサーバー
PR

債務、貧困、気候変動~変革が進む南米エクアドルは
地球規模の課題にどう取り組むのか
ジュビリー・エクアドルのデルファ・マンティージャさんに聞く

日 時 3月19日(金)18:30~20:30
場 所 ニコラ・バレ修道院(JR四ッ谷駅麹町口すぐ)
    東京都千代田区六番町14-4
    麹町口エスカレーターを上がり道路を挟んだ左斜め前のビル
参加費 800円(通訳あります)
共 催 ATTAC Japan(首都圏)
    カトリック聖コロンバン会
    開発と権利のための行動センター
    日本ラテンアメリカ協力ネットワーク(RECOM)
    アジア太平洋資料センター(PARC)
協 賛 日本カトリック正義と平和協議会
連 絡 jubilee.ecuador.tokyo@gmail.com

※院内集会もあります!
 3月19日(金)11:00~12:00
 衆議院第二議員会館第3会議室

南米のエクアドル共和国では2007年1月に発足したラファエル・コレア政権のもと
、さまざまま改革を進めてきました。マンタ米軍基地の継続使用の拒否、水や食
料へのアクセスを基本的人権と定めた新憲法の制定、先住民を苦しめ環境を破壊
してきたアマゾンにおける石油開発の中止、世界銀行・IMFを通じた「先進国」や
多国籍企業による経済的支配からの離脱、従来の多国籍金融機関とは異なる地域
発展と統合のための「南の銀行」への参加など、人口1300万の小さな国の人
びとの挑戦は、地球の裏側の日本をはじめ世界各地で注目されています。

なかでも2008年12月にコレア大統領が発表した対外債務の一部支払い停止
は、歴史的・政治的な結果として貧困を強制されてきた「途上国」と呼ばれる国
の人々を勇気づけました。この債務の支払停止は、エクアドルに課せられた債務
が、「貸し手」である豊な国や多国籍金融機関の都合で貸し付けられたり、借り
手の側の国のごく一部の人(たとえば独裁者)にしか恩恵をもたらさかった融資
によって作られた「不公正な債務」であるという政府の監査委員会の報告書に基
づいたものです。「貸した以上に引き剥がす」という債務問題が解決されない限
り、エクアドルをはじめとする世界の貧困問題は解決されません。

3月21日、22日に大阪で開かれる「おおさか社会フォーラム」のスピーカー
の一人として来日するデルファ・マンティージャさんは、途上国債務の帳消しに
取り組む「ジュビリー・エクアドル」で活動し、対外債務に影響を受けた農民へ
の社会的補償や、「多様な民衆女性総会」のメンバーとして、ジェンダー的立場
から女性の経済的権利の承認についての取り組みをされています。

改革を求めるエクアドルの人々の熱意に押し上げられ誕生したコレア政権ですが
、アマゾン地域の先住民の権利の承認や経済改革の方向性をめぐり、社会的な緊
張が広がっていることも伝えられています。債務・貧困、気候変動、環境破壊な
ど地球規模の課題について、一進一退を繰り返しながら変革を進めてきた南米エ
クアドルで活動する社会運動はどう考え、いかに取り組んできたのか。変革への
ヒントをつかむためのこの市民交流会にぜひ参加を。

●デルファ・マンティージャさんのプロフィール

26年間、社会運動に参加。教員や若者、女性、農民など、市民を結びつけるプロ
セスを支援し、社会的・文化的・環境に関する補償を求めるために権利の強化に
取り組む。現在、対外債務に影響を受けた農民に対する「社会的補償」に取り組
む。「異なる統合」というイニシアティブにおける「人権・民主主義・開発のた
めのインターアメリカン・プラットフォーム」のエクアドル代表。「多様な民衆
女性総会」のメンバーとして、女性の経済的権利の承認のためにジェンダーの視
点から政治的な取り組みを進めている。債務と権利のラテンアメリカネットワー
クのメンバー。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アジア太平洋資料センター
Pacific Asia Resource Center(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL:03-5209-3450  FAX:03-5209-3453
Website:http://www.parc-jp.org   E-mail:office@parc-jp.org
☆2010年度PARC自由学校受講申込スタート!!☆
http://www.parc-jp.org/freeschool/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日時:2009年9月19日(土) 
 開場13:00  開演14:00 終了予定時刻:16:00
■場所:YMCAアジア青少年センター スペースワイホール
東京都千代田区猿楽町2-5-5
アクセス:JR水道橋駅徒歩6分、JR御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
■入場料:前売り2,500円、当日3,000円

赤いコーヒーの実、緑生い茂る山々、エメラルドグリーンの海に囲まれた東ティモール。
南海に浮かぶこの小さなアジアの国は、21世紀最初に誕生した国です。
1999年の住民投票がその出発点でした。占領者であるインドネシア国軍の監視のもと、78パーセントという圧倒的多数が独立を選択しました。そして、この結果を不服とするインドネシア軍、民兵による破壊行為で、多くの東ティモール人が殺害され、避難民となるところから、東ティモールの独立への一歩は始まりました。建国への希望を掲げ歩み始めて10年。その長い道のりをここ日本でも支援してきた皆さんと、ともに記念するために東ティモールからエゴ・レモスを招いてコンサートを開催いたします。
皆さんもエゴの心温まる歌声と、躍動感あふれるラテンのリズムで平和を熱く感じてみませんか?

出演:
■エゴ・レモス(Eugenio Fatima Sousa do Rego)
1972年5月12日東ティモール生まれパーマカルチャーの実践者。1999年の騒乱では父と祖父を失う。平和や自然について世界各国で講演活動を行う中、2006年にオーストラリアのアボリジニ―音楽家として有名なGeoffrey Gurrumul Yunupingu にその歌声とリズムを認められ、現在はアーティストとしても活躍。8月中旬からオーストラリアで公開されて東ティモールについての映画「Balibo」の主題歌を歌う。この映画は1975年インドネシア軍侵攻過程で殺害されたジャーナリストたちを題材にしたもので、東ティモールでもロケを行なった。公開前にはメルボルン国際映画祭(7月24日-8月9日)でプレミア上映もされた。
http://www.balibo.com/about/soundtrack.html
http://www.melbournefilmfestival.com.au/content/1/index.html

■サンタマミーゴス
三多摩在住のサキソフォニスト倉富義隆(矢沢永吉やエグザイルのサポートで活躍)やGANGA ZUMBAのパーカッショニスト今福健司が 中心となってたちあげたラテンユニット。昔のなつかしい曲からモダンまで幅広く演 奏する。

■主催:特定非営利活動法人パルシック
パルシックは1999年に騒乱直後の東ティモールで緊急救援を開始して以来、学校修復事業、コーヒー生産者支援事業を通じて、東ティモールの国づくりを応援しています。
お問合せ先:TEL03-3253-8990 FAX:03-5209-3453  
 Email: office@parcic.org
URL:  http://www.parcic.org/