忍者ブログ
バーコード
1  2 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


PARC自由学校
「本当にできる!?『コンクリートから土と人へ』
~八ッ場ダム予定地を訪ねる」


民主党政権は「コンクリートから人へ」という方針を掲げ、「ポスト自民党的公共事業」を模索していますが、本当の意味で地域のためになる公共事業とはどのようなものでしょうか?
沖縄基地問題、首相交代と問題が山積している中、果たして実現可能なのでしょうか国の名勝・吾妻渓谷に計画された八ッ場ダム。
最初の構想発表から58年を経てダム中止方針が発表されました。
このツアーでは、地域で活動されてきた八場あしたの会の渡辺洋子さんを案内人に迎え、ダム計画に翻弄されてきた現地実際に歩き、ダム中止の現実と課題を探ります。

◆日時: 2010年7月31日(土)~8月1日(日)
◆集合時間&場所: 12:30 JR吾妻線川原湯温泉駅前
◆案内人: 渡辺洋子さん(八ッ場あしたの会)
コーディネーター: 関良基さん(拓殖大学教員)
◆参加費: 28,000円
(プログラム費、朝食1回、昼食1回、夕食1回、宿泊費、現地での交通費、保険込み、事前学習会2回分込み)※現地までの交通費は含まれていません。
◆事 前 学 習 会: 
【第1回】2010年7月6日(火)19:00-21:00
  ●テーマ: 豊かな地域をつくるための公共事業―「緑のダム」を地域政策に
  ●講 師: 保屋野初子(ジャーナリスト)
【第2回】2010年7月21日(水)19:00-21:00
  ●テーマ: 信州の農村医学の現場から―すきな人とすきなところでくらしつづけたいメディアリテラシーとメディカルリテラシー
  ●講 師: 色平哲郎(JA長野厚生連・佐久総合病院地域ケア科医師)
◆申 込 期 限: 2010年7月16日(金)
*********************************************************************

◆プログラム(予定)
【1日目】2010年7月31日(土)
12:30 JR吾妻線川原湯温泉駅前集合

12:40~16:00
渡辺洋子さんによるオリエンテーション
吾妻渓谷散策 鹿飛び橋見学
吾妻渓谷下流側(東吾妻町)
付け替え県道工事現場見学
→水没予定地へ
草津温泉 中和工場見学
品木ダム見学
長野原取水堰見学

16:30 地元の温泉へ

18:00 夕食

19:00~20:00 一日の振り返り&議論

20:00~ 交流会


【2日目】2010年8月1日(日)
9:00 宿泊先出発

9:00~12:10
源泉、川原湯神社
→温泉街入り口へ(徒歩)
吾妻渓谷・ダムサイト予定地見学
川原湯温泉の代替地ー打越地区見学
川原湯温泉新駅予定地ー原見学
湖面2号橋見学
林地区ー長野原第一小学校、
付け替え国道工事見学

12:10~13:00 昼食

13:00~14:10
長野原地区ーめがね橋見学
横壁地区ー湖面3号橋見学

14:10~14:30
国交省広報館「やんば館」で休憩

14:30~
川原畑地区ー三ッ堂石仏群見学
川原畑地区ー代替地、付け替え国道工事、諏訪神社見学
付け替え国道 茂四郎トンネル経由→
川原湯温泉駅到着

15:10 解散


ウォーターサーバー
PR

シンポジウム

地域の力、人の力
――食と農の現場から語る「連帯経済」

●日時:2009年9月27日(日)14:00~17:00(開場13:30)
●会場:在日本韓国YMCAアジア青少年センター
     スペースY地下ホール
     東京都千代田区神田駿河台3-2-11 TEL:03-3253-1771

食料自給率39%、食の安全性への不信と不安、地域経済の疲弊・・・グローバル化した経済のもとでの農業・農村そしてわたしたちの食をとりまく状況はたいへんに厳しいといわれています。

そんななか、「人と人との結びつき」を大事にしながら、自然資源と風土を活かした豊かな地域づくりの取り組みが、日本の各地で実践されています。農村女性たちによる農家レストラン、学校給食の地産地消、農の実践と持続可能なライフスタイルへの転換など、地域に暮らす人たちがともに知恵を出し合い、経済的にも成り立つ循環を創りだしているのです。

いのちを支える食べものと、それを支える農の現場からのメッセージから、わたしたちの食と農、地域、人と人の関係のありかたをともに語りましょう。
 

 ◆講師
大野和興さん(農業ジャーナリスト)
塩見直紀さん(半農半X研究所)
本田 節さん(農村レストラン「ひまわり亭」オーナー)
◆定員
200名 ※予約優先
◆参加費
一般:500円
アジア連帯経済フォーラム賛同者(団体・個人とも):無料
(財)大竹財団会員:無料
◆主催
アジア連帯経済フォーラム2009/(財)大竹財団
◆申し込み方法
件名を「連帯経済学習会」とし、下記を明記し、
afse@parc-jp.orgまでお送りください。
・氏名:
・所属:
・E-mail:
・電話番号:
・連帯経済フォーラム賛同者・それ以外の方かをお書きください。
※学習会の当日、賛同者になっていただくことも可能です。
・参加したい理由:
・講演者に期待すること:
・今回の学習会を知ったきっかけ:
◆お問い合わせ
アジア連帯経済フォーラム2009実行委員会 事務局
E-mail: afse@parc-jp.org
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453
URL: http://solidarityeconomy.web.fc2.com
 


 ~地球温暖化の進行を食い止めるため、地域のリーダーとして活動しませんか~

 地球温暖化をはじめとする環境問題は一人ひとりが自分たちの生活を見直し、実践することで地域にも広めていかなければなりません。現在127名の推進員が奈良県の推進員として活動されています。
 本養成講座を受講しますと、ストップ温暖化推進員に必要な知識、技術を修得できます。推進員には、温暖化に関する最新情報が提供されます。また、推進員向け研修会に参加することができます。18歳以上(2009年4月1日現在)で熱意のある方は、是非ご応募下さい(奈良県内在住・在勤)。

■日 程  2009年10月10日(土)
■会 場  奈良県文化会館集会室A・B(近鉄奈良駅より徒歩5分)
■受講料  無 料
■主 催  奈良県地球温暖化防止活動推進センター(特定非営利活動法人奈良ストップ温暖化の会)、奈良県
■定 員  30名
■申し込み・問合せ 奈良県環境政策課地球環境係
  630-8501奈良市登大路町30番地
  TEL:0742‐27‐8733 FAX:0742‐22‐1668
①お名前・年齢・住所・電話・FAX・Email・職業(学校)等
②自己紹介・講座への期待・参加動機などをA4用紙1枚にご記入の上、FAX・E-mail・郵送でお申込み下さい。

13:30~16:30
・地球温暖化の処方箋~持続可能な日本と世界に向けて~
 上村雄彦(横浜市立大学准教授)
・ワークショップ「一緒にアクションをおこすための人間関係づくり、推進員の役割」


それでは、またみなさまとお目にかかれる時を楽しみにしています!

上村 雄彦


ヒーリングサロンでヒーラー養成